プログラミングスクールでJavaScript・html・cssを学ぶメリット

プログラミングスクール比較

フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアになるための学ぶべきプログラム言語

html、css、javascript、RubyやPerl、サーバーLinuxの知識が学べるプログラミングスクールの紹介。

エンドユーザーが普段使う部分、目に見えるところを開発するのが
html、css、javascriptを使うのがフロントエンドエンジニアです。


フロントエンドエンジニアを目指すのであればまずは静的(常に同じ見た目の)Webサイトが作れるようにhtmlとcssセットで学習することが必要です。

フロントエンドエンジニアになるためには

html、css、javascriptをセットで学ぶと良いのですね

目では見えない裏側の部分を開発するのがバックエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアに比べて必要な知識が深く覚えることも多くなります。

使われる言語はRubyやPerlなどですね。

それにプログラミング言語だけでなく、Linuxも使えなければなりません。

バックエンドなら(「HTML、CSS、JavaScript」の基礎ぐらいは必須ですが)「HTML、CSS、JavaScript」を頑張って勉強しなくても良いです。

基幹系だとフロントエンドの「HTML、CSS、JavaScript」も少し深いところまで勉強する必要があります。

Rubyを使うのが適切と判断したらRubyなのですが、Rubyの優れた点はコードが短くて良いということと、高速に書けるという二点にあります。

高速に書ける理由は、動的型付けであること、組み込みメソッドの名前が短いこと、メソッドネストが容易なことです。その他、正規表現も簡単に利用できる点が良いです。

◎perl、ruby、pythonの順番で学習すると、一番効率が良い

コンテンツ

JavaScriptを学ぶメリット
JavaScriptを学べば出来れば実際どんなことが出来るのか?

JavaScriptは、ブラウザ上で動作するプログラミング言語です。
ウェブサイトを構築するうえで
JavaScriptはサーバーサイド、フロントエンドの両方を担えるので、
活躍する幅、シーンは多いのでしっかり学習しておきましょう。

例えば、ウェブサイトのお問い合わせフォームは、
間違えた項目を入力して送信ボタンを押すとアラート文字列が表示されます。マウスで画面スクロールすると、突然ページの表示内容が変化する場合があります。これらの動作はJavaScriptが実は活躍しています。

JavaScriptが圧倒的に使われている理由

送信ボタンのクリックやマウス操作などのイベント実行によりJavaScriptはサイトページに動的な動きを加えますが、このような動作はサーバーサイド言語でも実現できます。

JavaScriptを使う理由として
処理動作が早いからです。エンドユーザーに待ち時間を少なくしたいシーンでは
ストレスを与えないようにするためです。

JavaScriptプログラマーが求められる要素は?

最近の現場ではロジック処理やデータチェックなど本来はサーバーサイド側で行っていた処理もJavaScriptエンジニアが求められます。

JavaScriptプログラマーの求められる人材は多様であること。
この時代、一つのことだけやっていればよいというの難しい。
多様性が求められる
そのため、AngularやNode.js、react.jsなどライブラリの経験や仕様に応じて利用するライブラリを選択する能力も必要となります。

更にPHPのソースコードが読めれば企業からは重宝されるでしょう。

JavaScriptプログラマー
PHPのソースコードも読めればいいですね!

※JavaScriptとPHPは切っても切れない仲、義兄弟のようなものです。

テックパートナーズカレッジ

PHP/Laravel、Git/GitHub、HTML5、CSS3、JavaScript、MySQLプログラムを学べる。
無料(14日間無料体験)月額費用 学 生:50,000円(税込) 社会人:60,000円(税込)
途中解約できる

JavaScript今後の展望は

画面側の制御を司るJavaScriptはウェブサイト表示スピードに大きな影響を与えるため、JavaScriptエンジニアの需要は後を絶たないと予想されます。これからもウェブ市場の拡大が続けば、ますますJavaScriptエンジニアの需要は増え続けることでしょう。

TechAcademy(テックアカデミー)のJavaエンジニアコース、・Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)・PHP/Laravelコース
ここがイイね!
・学べるコースの選択が多い
・料金が安い 入学金:0円、受講料:149,000円~
・オンライン形式
・就職・転職支援あり
TechAcademy公式サイト▼▼

PHPの特徴

PHPはLinux、Apache、MySQL、PHPの構成でシステムが構築されることが多く、この形はLAMP環境と呼ばれています。

ベンチャー企業などで採用されることも多く、新しい技術も積極的に取り入れる傾向があります。

PHPが採用されている業種は
基幹業務系が少なく、Webサイトで採用されていることが最も多いです。
それ以外にはゲーム関係のプロジェクトで採用される。

サーバーとの通信が発生するスマートフォン向けのゲームでも採用されており、スマートフォンからの大量のリクエストにも耐えることができます。

PHPで採用されているフレームワーク PHPのフレームワークはLaravel、CakePHP、zend framework、Fuel、CodeIgniter、Symfonyなどがあります。その中ではCakePHPが採用されることが最も多く、最近はLaravelが採用されるケースもあります。

理由としてサーバーサイド言語をPHP、フロント側の制御はJavaScriptで行う案件は多くあるため、PHPのソースコードが読めるかってのは今や必須だからです。

その時、PHPプログラムが何をやっているか理解することが出来ればJavaScriptの設計や実装も正確かつ効率的に行うことが出来ます。

PHP/Java/Rubyを無料で学べるスクールGEEK JOB

詳細はこちら⇒>>【無料】PHP/Java/Rubyプログラミングスクール

GEEK JOB公式サイト▼

HTML・CSS入門

HTML言語とCSS言語をマスターすることは
ホームページを作る上で大切で一番最初に学ぶべき言語です

この2つのプログラミング言語を使えるようになると・・・
ベーシックななホームページが作れるようになります!

WEBサービス・WEBアプリはこのホームページに色々なものを加えることで出来ているのでWEBサービス等の基礎となるスキルです

HTML・CSS

HTML・CSS部 入門でマスターした基礎を元に「SASS」や「スマホ対応方法」などさらに実践的なものを学べてスマホでの開発に役立ちます。

javascript・jQuery

jQueryは
WEBサービスにアクション動きをつけるjavascriptとそのjavascriptを簡単にしたもの

ボタンを押したら写真を消すように動きをつけたり、文字が入力されたら文字数をカウントしたりと「何かをしたら結果を返す」というような動きをつけることができます!
これも、WEBサービス・WEBアプリを作る上では欠かせない言語です。

PHP・MySQL

PHPはよく耳にする言葉ですが・・・

PHP言語を使って、WEBサービス・WEBアプリを作れます

MySQL言語を使ってサーバーというネット上の保管庫にユーザーの情報(E-mailやパスワードなど)を保存出来るので、一般的なWEBサービスやWEBアプリを作ることができます!
HTML言語やJavascript言語を覚えた方はPHP

これもやるべきですのでオススメです!

Rubyを使うのが適切と判断したらRubyなのですが、Rubyの優れた点はコードが短くて良いということと、高速に書けるという二点にあります。

高速に書ける理由は、動的型付けであること、組み込みメソッドの名前が短いこと、メソッドネストが容易なことです。その他、正規表現も簡単に利用できる点が良いです。

◎perl、ruby、pythonの順番で学習すると、一番効率が良い

ウェブカツのここがイイね!
・学べるプログラミング Java言語、Ruby言語、ubyonRailsインフラ周りAWS
・受講費が安く途中退会できること
・オンライン形式
・お試し入会できる
・就職・転職支援あり
ウェブカツ公式サイト▼▼

Rubyエンジニアの仕事は

Ruby on Railsを使用したWebアプリ開発が多いです。
案件の中には、SNS系サーバーサイド開発やSaaS開発などがあります。

また、Webサイトの開発では、Rubyの知識だけでなくJavaScript、jQuery、HTML/CSSなどのフロントエンドの知識も要求される場合があります。

システム開発も同様に、Ruby on Railsを使用する案件が多く、教育や不動産、医療などの幅広い業界で活躍することができます。

Rubyエンジニアの主な業種分野では
・Webアプリ開発
・ECサイトなどのWebサイト開発
・システム開発
・ソーシャルゲーム開発
・機械学習を含む人工知能開発

Rubyの特徴

Rubyの主な特徴は


・日本で開発された言語である
・記述量が少なく、可読性に優れる
・オブジェクト指向言語を採用している
・インタプリタ方式を採用しており、エラーを見つけやすい
・Gemライブラリ群が充実しており、汎用性が高い
・動的型付けで自由度が高い

Ruby on Railsの特徴は

・簡単にテストコードを作成でき、テストの自動化ができる
・Railsコンソールを使用することで直接データベースを操作できる
・繰り返しを避ける原則に基づいている
・MVCアーキテクチャを実装しており、高い開発効率と保守性を実現できる

TechAcademy(テックアカデミー)のJavaエンジニアコース、・Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)・PHP/Laravelコース
ここがイイね!
・学べるコースの選択が多い
・料金が安い 入学金:0円、受講料:149,000円~
・オンライン形式
・就職・転職支援あり
TechAcademy公式サイト▼▼

Perlの特徴

Perlはアプリケーションを作るためのプログラミング言語として使われるのが主流
少しすたれた感がありますが、すでに導入されたメンテナンス等、まだまだ活躍できる
プログラミング言語

大規模な案件はやはりJavaやRuby on Railsを使っての開発が多い
RubyはPerlの“クセ“を改善し、さらにオブジェクト指向化したもの

Perlはそれほど大規模な案件には使われません。やはりある程度の規模感のあるシステムになると、JavaやRuby on Railsを使っての開発が主流になり、細かいサービスをPerlで実装、という流れが多いものと予想されます。Perlはスクリプト言語ではありませんが、非常に使いやすく実装しやすいため人気は高いです。

Web上のサービスは、入力があって出力があるため、sed、awk、シェルスクリプトなどの利点を多く取り込んだPerlはCGIなどを構築するのにもよく使われます。

Perlの活用と必要な人材とは

Perlというプログラミング言語が書けるだけでは片手落ちではないでしょうか。サーバーサイドの技術、クラウドの知識、データベースを堅牢にするためのノウハウなど、必要とされる知識は多岐にわたります。

Perl技術が用いられる理由

Perlは何より「枯れた」技術だからこそ、求められます。安定性があり、プログラミング言語そのものに欠陥が少なく、初心者でもとっつきやすいという側面があります。
Rubyと似ていますが、RubyはPerlの“クセ“を改善し、さらにオブジェクト指向化したものです。

Rubyを学ぶかPerlを学ぶか、非常に悩むところだとは思いますが、どちらも知識は相互補完され得るものです。

おすすめ人気プログラミングスクール
RANK1ウェブカツ公式サイト

ウェブカツ月謝制で月20,000円から
途中解約できる

RANK2::GEEK JOBはオンライン無料体験

受講費0円、就職支援、PHP/Java/Rubyシステムの完成まで学べる。

RANK3Pro Engineer公式サイト

受講費0円、就職支援、LINUXからさばー構築まで

RANK4:テックパートナーズカレッジ

PHP/Laravel、Git/GitHub、HTML5、CSS3、JavaScript、MySQLプログラムを学べる。
無料(14日間無料体験)月額費用 学 生:50,000円(税込) 社会人:60,000円(税込)
途中解約できる

RANK5TechAcademy [テックアカデミー]

テックアカデミー入学金なし受講料:149,000円~と安い

おすすめ無料プログラミングスクール
RANK1Pro Engineer公式サイト


RANK2GEEK JOBはオンライン無料体験


無料体験入学できる&全額返金保証がある▼
RANK3ウェブカツ公式サイト


テックパートナーズで14日間無料体験してみる▼
RANK4テックパートナーズカレッジ


RANK5TECH CAMP(テックキャンプ)

コメント